空室対策の基本ポイント

ライバル物件に差をつけるリフォーム活用法

近隣のライバル物件に勝つためには差別化が重要となります。すでに保有している物件を差別化する有効な手段の一つが、リフォームです。以下では、差がつくリフォームのポイントを紹介します。

 低予算でイメージアップできるクロス、照明

 
【大胆な色使いのクロスでイメージチェンジ】
比較的低予算でイメージを大幅に変えることができるアイテムは何といってもクロスです。クロスは経年による変色や破れなどで数年に一度は貼り替えが必要になるものです。その際に、大胆な色使いのクロスを使い、部屋のイメージチェンジを図ってみるのも一つの方法です。

全面を同色にするのではなく、一面だけ色を変えたり、天井のクロスを凝った柄にしたりすることで、センス良くまとめることができます。貼り替えする面積にもよりますが、一般的にはさほど高額にはならないでしょう。差別化が必要と感じるときにはチャレンジしてみてもいいかもしれません。

【照明を変えるだけで部屋の雰囲気は変わる】
照明も低予算でイメージを大きく変えることのできるアイテムです。照明であれば、リフォーム会社に頼まなくても、自分で部屋の雰囲気を変えることができます。蛍光灯から優しい光の電球に交換したり、天井にレールライトを取り付けたりするだけで、おしゃれな雰囲気を演出することが可能です。

 

 水回りが決め手

 

キッチンは主婦目線で

【キッチンは主婦目線で】
賃貸物件の内見時に水回りを重視する人は多くいます。水回りではキッチン、バス、トイレがポイントとなりますが、特にキッチンは主婦の目線が厳しくなる部分でもあります。

形状では、料理や洗い物をしながら子供の様子が見られる対面式のスタイルなどが人気です。対面式キッチンの中でも、ペニンシュラキッチンやアイランドキッチンなどに憧れを持つ主婦も多いようです。

キッチンを交換するには数十万円から100万円超まで幅がありますが、入居者としてファミリー層を想定している場合には、キッチンが決め手となることもあるので、設備投資を検討してみるのもよいでしょう。

【システムバス交換の相場】
風呂が古びていると清潔感に欠ける印象を与えてしまうため、入居をためらう原因となることがあります。ですから、浴室はできるだけ新しく、きれいな方がよいと考えます。ただし、交換するにはそれなりに費用がかかるため、まずは交換しないで済む方法を試してみることをおすすめします。

たとえば、蛇口の金属部分の水アカやサビを取るだけでも印象が変わります。また、シャワーヘッドだけ新しいものにしても、見た目もさることながら、快適な使用感が得られるため入居者の満足度を高めることにもつながります。

それらの対応では効果が限られている場合には、ユニットバスを交換することを検討します。交換費用はメーカーやサイズにより幅がありますが、その分予算に合わせて選べるともいえます。

【トイレのイメージアップはかなり重要】
水回りの中でもトイレの美しさは絶対条件という女性も多くいます。また、男女問わず、温水洗浄便座がないとダメという方もたくさんいます。温水洗浄便座の設置費用は、一つあたり機器価格プラス工事費1万円程度が一般的です。商品にもよりますが、おおむね5万円以内で収まりそうです。

また、トイレの壁や天井は面積が小さいため、クロスの貼り替えも安めでできるでしょう。費用に対してイメージアップ効果が十分期待できると思えば、検討してもよいでしょう。

 家電、家具などを備え付けるという方法も

【急な単身赴任や一人暮らしには人気】
差別化を図るという意味では、基本的な家電や家具などを備え付けるという方法もあります。急な単身赴任や一人暮らしで、最初から家電や家具をそろえなければならないという人にとっては、それらが備え付けられた部屋はありがたいものです。

入居期間が短くなる可能性はあるものの、単純に家電や家具をそろえる手間を省きたいという需要もあるため、リスクを考慮しつつ、差別化の方策として検討してみてはいかがでしょう。

【DIYを可能にすることで満足度アップも】
築年が古い物件などではDIYを可能とすることで人気が出る場合もあります。部屋づくりが趣味の人にとっては、物件に多少手を加えてもよいという条件はとても魅力的です。ただし、造作買取請求や原状回復義務については事前によく協議して契約条項に特約を入れておくなどの工夫・対策が必要になります。

 不動産売却お役立ちコンテンツ

住まいを貸す契約の流れ

 住まいを貸す契約の流れ住宅を貸す場合には不動産会社に依頼することになります。その際に知っておくべき手続き、ポイントを紹介します。 1.物件概要を確認する  既存物件について、「空室が多くて困っている」「安心できる入居者に貸したい」「家賃滞納や不良テナントに備えたい」といった場合は、不動産会社に管理を委託したほうがよいでしょう。 依頼を受けた不動産会社は所在地、物件の規模・種類・構造・築年数・間取タイプ、駐車場、希望賃料、希望入居者層などを調査。最適な条件のもとに、賃貸住宅経営が運営できるように手助けしてくれます。...

不動産の購入が相続税対策に有効な理由

 不動産の購入が相続税対策に有効な理由近年の税制改正により課税の対象となるケースが増えたといわれる相続税は、資産を保有している人にとって重大な関心事になっています。不動産投資はそのような相続税対策は大きなメリットの一つでもあります。以下では、不動産投資がどのように節税に役立つのか、その仕組みを紹介します。   相続税対策の重要性 ...

土地活用方法それぞれの魅力とは

 土地活用方法それぞれの魅力とは  土地活用にはさまざまな方法がありますが、それぞれに異なるメリットがあります。どの活用方法が最適か、具体的な内容を確認してみましょう。 賃貸マンション、アパート  【安定した賃貸収入】...

なぜ土地活用が必要なのか

 空室対策の基本ポイント「土地活用」とはよく使われる言葉ですが、なぜ土地活用が必要で、どのような土地活用が有効なのでしょうか。土地活用についての基本的な知識を整理してみましょう。 土地を保有しているだけではマイナスに  【毎年かかるコストがある】 土地を保有していると、何もしなくても、毎年、固定資産税や都市計画税というコストがかかります。つまり、土地を十分に利用しているか、土地を活用して収益を生み出していなければ、単純計算でもマイナスになっていることになります。...

空室対策の基本ポイント

 空室対策の基本ポイント賃料収入に直結する空室リスクは、経営側にとって重大な関心事です。しかし、基本的なポイントを押さえて、空室対策を行えば、空室リスクはコントロールすることが可能です。以下では主な空室対策を紹介します。   賃料、更新料などについて  【賃料設定について】賃料と空室リスクは表裏一体の関係にあります。一般に、賃料を上げれば空室リスクは高くなり、賃料を下げれば空室リスクは低くなります。...

賃貸管理はプロに任せるのが安心な理由

 住まいを売る契約の流れコスト削減のために賃貸管理を自分で行うのも一つの方法です。しかし、想像以上に管理業務が大変だったり、逆にコストがかかったりしてしまう場合もあります。  実際にどのような業務が必要となるのかを知ることで、管理業務を自前で行うのか、委託するのかの判断にも役立つと考えられます。以下では賃貸管理の主要な業務を紹介してまいります。 無駄のない入居者募集や契約締結プロセス ...

Real Estate Selling

不動産査定無料相談

SellList

不動産売却事例

Company

北海道知事 石狩(3)第7927号
株式会社アヴァント
〒003-0832
札幌市白石区北郷2条4丁目2-17
N43.INAビル3F
TEL/011-214-0284
FAX/011-214-0384

まずは、お気軽にお電話ください。

011-214-0284

年中無休 9:00〜18:00

Webフォームからのお問い合わせはこちらから。